パンとアート

演劇、マーケティング、サメ映画、映画、ダンス、本、プログラミング、カメラ、インデックス投資、コーヒーあたりが興味範囲

楽曲は最高なんだけど・・・『グレイテスト・ショーマン』(鑑賞記録)

 

 

f:id:Karayabu17:20180526103725j:plain


ずっと見逃していて、もう配信もはじまりブルーレイもリリースされたタイミングだけれどまだ映画館でやっていたので観てきました。

 

楽曲は最高だけど言いたいことが色々残る映画だけど最高なんだけど、、、というぐるぐるした感情が残りました。

 

実在の人物であるサーカスを設立したことでも有名なP.T バーナムの半生を描いたミュージカル映画

 

楽曲に関しては“This is Me”を始め、力強いリズムに裏打ちされた素晴らしいものが揃っている。ミュージカルシーンはせっかく映画でやるんだから下手に長回しとかはやらなくていいと思っているのでこの作品の細かく切って魅せるところはしっかり見せるというやり方は大好き。

みんな大好きヒュー・ジャックマンが歌って踊っているだけで幸せでした。

 

一方で、ストーリーは結構ダイジェスト感が強くて早足でバーナムの生涯をさらっとなぞった感が強い。肝心のバーナムもわりとトントン拍子にいくし、結構周りを傷つけているのにさくっと許されている。

実在の人物がモデルなんだからしょうがないとはいえ、登場人物もう少し絞って一人一人にスポットライト当てられないものかと。

全員が映画の核になれているようでなれていない、楽曲の力強さに負けている。

ひとつで一本の映画を作るに足るテーマがてんこ盛りだったから最終的にぼやけてしまって各ミュージカルシーンの素晴らしさが活かしきれなかったのが残念。

 

とはいえ、ミュージカルシーンは映画館で観るべき名シーンだらけなのでまだぎりぎりやっている映画館がある今のうちに観ることをオススメします!

 

本編後に流れるメイキング映像 鳥肌がたった

youtu.be