巨人の肩に乗るのも大変なわけでありまして

世の流れに翻弄されがちなマーケターの日常に起こるあれこれ。演劇とかアフリカとか文房具とか映画とか珈琲とか本とかインデックス投資を愛しています。

観劇記録 なかないで、毒きのこちゃん 「ぼうぼう」

http://dokukinoko.weebly.com/uploads/1/9/1/1/19117985/03_1_orig.jpg

10月6日19:30~の回を王子スタジオにて観劇。

 

石澤希代子さんと猪股和磨さんは好きでよく観に行くけれど、ほかの役者の方はおそらく初めて見る方ばかり。

グルーブ感みたいなものを感じるくらい勢いとテンポがあった。

単純にみなさん超がつくほど芸達者。

 

高校の卒業式前に校内アイドルグループがライブを行う場所を観に来て~、という話。

東京内ツアーとして、中野のRAFTやココキタを廻っているけれど確かに、設定と劇場がすごくあっているし、ほぼ音響や照明の変化がないのも話の筋が通っていて納得。

 

特に王子スタジオは外の音とか光が普通に入ってくるからそんな環境で観るこの作品は、「いま、ここでしか見られない」特別な感じがして鳥肌が立ちました(特に後半のシーン)。

 

何を言ってもネタバレになるので、いまはストーリーには触れません。

とりあえず、ストーリーも演出もなによりも役者陣のキレッキレの芝居も観て後悔しないこと間違いないので絶対行ったほうがいいです。

 

たまたまですが、私が観に行った回が8人しかお客さんいなくてこの役者陣でこの内容でこれはないだろ!とそこだけが唯一残念でした。

贅沢な時間ではあったものの満員の客席だからこそもっと光る作品だと思うので。。。

 

千秋楽チケットがあればリピーター割でもう一回行きます。

 

 

日時
2017年10月1日-11日
場所
ココキタ              (北区豊島5-3-13)
中野RAFT  (中野区中野1-4-4 1F)
王子スタジオ1 (北区王子2-30-5)
オフオフシアター (東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F)

▲脚本・演出 
鳥皮ささみ


▲出演者
猪股和磨
田村優依
森岡未帆 (以上、なかないで、毒きのこちゃん)
鮎川桃果
石澤希代子
稲葉美優
裏表オリガミ
dokukinoko.weebly.com