パンとアート

演劇、マーケティング、サメ映画、映画、ダンス、本、プログラミング、カメラ、インデックス投資、コーヒーあたりが興味範囲

【雑記】Official髭男dismのインタビューを読みながら仕事について考えた

Buzfeed JapanでOfficial髭男dismボーカルの藤原聡さんのインタビューを読んでいて、「モノを売る」という仕事に関して最近思っていることをつらつらと。

 

営業って、出来上がった商品を売る仕事ですよね。「この商品はいい」と自分の中でしっかり核があるものは、すごくプレゼンしやすいし売っていて気持ちがいい。一方で、会社的に売らなくてはいけないものがあっても、自分が納得できてないものってすごく……精神的にも負担になるんです。
 
今は、自分が商品になる側。だったら売ってくれる人とかチームの仲間が誇れるような音楽をしっかりやらないとダメだと思ってます。その気概は大きいです。
 
新入社員のころ営業をやっていた。
 
配属されたのは田舎の営業所で所内は「The 昭和」なおじさんだらけで尊敬できる技術も熱意も持ち合わせていない人が多かった。(今考えると、会社の仕組みがそうさせている部分も大きかったけどそれはまた別の話)
 
 
社会に出たての若造としてはかなり心折れる環境だったのだけれどなんとか生き残れたのは自分が扱っている商品がとにかく好きだったから。
 
 
商品のことを勉強すればするほど競合他社の商品に比べて優れていたり劣っていたりする部分がはっきりクリアに見えてきて、強みをわかってもらうためには!弱みを弱みにと思われないためには!とかを必死に考えた。
 
田舎の営業所でほとんど孤立無援でやって、会社や取引先から表彰されるくらいの実績はあげたけど、もし扱っている商品を好きでなければと思うとぞっとする。
 
 
「扱っている商品が好き」自分でもなんとチープな動機だろうと思う。実際、OB訪問で学生が訪ねてきて志望動機にこれを挙げたら、「それだけじゃ面接には通らない」てきなアドバイスをするはず。(実際したこともある)
 
 
転職を考えるきっかけになったのは、将来やりたいことができてその逆算でいくべきところがあったり、労働環境が結構ハードだったり、そのわりに得るものが少なかったりといろいろ理由はあるけど、なんだかんだで一番大きいのはシンプルに「今扱っている商品が好きでないから」。
 
割り切って技術だけで売ることはできるけれど、びっくりするほどテンションが上がらない。
 
社会人である以上、すごく甘いことを言っている自覚はあるけど、それでもテンションが上がらないのは結構つらい。
 
そして、それを作っている人たちもそんなに好きじゃないと公言している人もいる。
 
きれいごとだけど、それだけはどうか言わないでほしかった。
モノを作れる人を心の底から尊敬しているからこそ、言わないでほしかった。
 
上に挙げた藤原さんのインタビューのなかで語られている通り、誇りをもって彼らが作ったものを扱いたかった。
 
一度切れてしまった気持ちをもとに戻すのはなかなか骨が折れる。
 
 
いま、次にやろうとしていることで関わっているひとたちはそこに嘘がない、とにかく納得いくまで突き詰める。一緒にやっていて本当に楽しい。
 
ただ、単純に技術や知識が足りないことで「食っていける」ようにすることがかなり厳しい。時にはブラックな働き方で潰れてしまったりする姿を観ることも多い。
 
そんな人たちが報われればいいなんて理想を少しでも現実にしたくていま色々やっています。
 
 
誇りを持って仕事をする。
 
 
小さい野望をしっかり持って次の活動を粛々と進めます。
 
↓元記事です
 

 

Stand By You EP(初回限定盤)

Stand By You EP(初回限定盤)