パンとアート

演劇、マーケティング、サメ映画、映画、ダンス、本、プログラミング、カメラ、インデックス投資、コーヒーあたりが興味範囲

【読書】『ランウェイで笑って』はファッション業界への最良の案内書

週刊少年マガジンで2017年から猪ノ谷言葉さんが連載中の「少年漫画×ファッション」という変わった作品『ランウェイで笑って』がすこぶる面白かったので紹介します。

f:id:Karayabu17:20181111175203j:plain

 

 

この作品は2人の高校生の主人公を軸に物語が進む。

 

ひとりは身長が158cmしかないというハンデを背負いながらモデルとしてパリコレを目指す藤戸千雪(ふじとちゆき)。


もうひとりは、貧乏で毎日の生活に追われながらもファッションデザイナーの夢を追う都村育人(つむらいくと)。

f:id:Karayabu17:20181111175208j:plain

(左:都村郁人、右:藤戸千雪)

 

千雪は裕福な家庭に生まれ、ファッションブランド経営者の父を持ち、容姿にも恵まれている。幼いころからモデルを目指し努力を積んできたがたったひとつだけ身長が158cmという致命的なハンデを追っていた(女性でも最低170cmはないと厳しい世界とのこと、知らなかった)。

一方の郁人は父が他界しシングルマザーの家庭で3人の妹を持つ。ファッションデザイナーに憧れるも経済状況から夢をあきらめざるを得ない環境。

 

そんな状況の中、千雪にその才能を見出された郁人は少しずつ憧れでしかなかったファッション業界に足を踏み込んでいく、というのがおおよそのあらすじ。

 

少年漫画でファッションを扱っているものってあまり知らないが、この『ランウェイで笑って』は少年漫画の王道をいく燃える展開だらけ。

生まれた環境と身体的なハンデ(身長)というハンデを背負いながらも、ライバルとの闘いの中で切磋琢磨しながら成長していくという真っ当な成長ストーリー。

 

上で「闘い」と書いたけど、ファッションにも「良い」「悪い」という概念があってファッションで「闘う」っていう行為がまず自分には衝撃的だった。

 

パリコレとかファッションショーという存在はテレビなんかで知っていたけれど、遠い世界でなんだかよくわからなかった。

当然だけれどファッションもはるか昔からある文化で気の遠くなるような先人の積み重ねを経ていまの形がある。

そういう歴史も踏まえつつ、ファッションというものが持つものの奥深さをわかりやすく提示しつつ、ストーリー漫画としてしっかり面白いのだからただ事ではない。

「おしゃれ」とされるものにいまひとつピンとこなかったけれど、

服が持つ文脈を踏まえること、そしてその文脈を世界中の人が更新していくファッションという世界への入り口として『ランウェイで笑って』はすぐれた案内書でした。


まだ7冊しか出ていないので一気読みもしやすい!

(Amazonなら1巻目無料) 

ランウェイで笑って(1) (週刊少年マガジンコミックス)

ランウェイで笑って(1) (週刊少年マガジンコミックス)