パンとアート

演劇、マーケティング、サメ映画、映画、ダンス、本、プログラミング、カメラ、インデックス投資、コーヒーあたりが興味範囲

友達夫婦に投資の相談をされた話

大学時代から月一くらいで会っている友達夫婦から投資の相談を受けました。

彼・彼女が結婚したのは1年とちょっと前。結婚式を先月挙げたところ。

 

先々の人生計画をしていく中で避けられないのがお金の話。

 

共働きでふたりとも恐ろしく仕事ができるので、今は充分暮らしていけるものの先々の子供や家や介護を考えるとちょっと厳しい、貯金はしているけどとても足りそうにないがどうすればいいのかと相談されました。

 

上述の通り、仕事ができる二人なので先々にいくらくらい必要か見込み、時間軸に沿っていつごろどれくらいのお金が必要かシミュレーションしていました。

将来のリスク要因にやや物足りなさを感じたものの、計画に落としこんでいるところにちょっと感動。さすが。

 

貯蓄型保険からロボアドバイザー、果ては仮想通貨まで古いものから流行りものまで選択肢に上がっていたものの、それぞれのいいところしか見ていなかったりしたのでリスクとメリット(ないものもある)を簡単に説明。

 

あくまでも参考程度にと自分が今行っているインデックス投資の状況と実践するまでの考え方を教えてきました。

 

 

投資をするにあたって一番大事なのは行動力だと思うけれど、それと並んで大事なのは持続力だと思っています。なにかを持続するにはそれをするに足るだけの理屈を持っていないとつらい。そこが足りないと、インデックス投資をやっていると言いつつ、ちょっと下がった時に投げ売ったりと右往左往してしまう。

 

もちろん、個別株だったりFXだったり仮想通貨だったり、その人にとってベスト(と考える)投資方法はあると思うので、あくまで長期でインデックス投資をやる場合の話だけれど。

 

自分の場合は、極力時間をかけずに (いまは、1か月に何回かバランスが崩れていないか見る程度) 本業と複業と趣味に力を入れたいという事情があるので、色々見た結果いまの方法に落ち着いている。もちろん、それによって生じるリターンに納得して、リスクを引き受けている。

 

「ほかの投資方法と同様にインデックス投資を特段お勧めすることはしない。人によってベストの投資方法は違うから。アドバイスはできるけど決めるのは自分たちで話し合ってください。そこには賛成も反対もしない」と伝えました。

 

勉強好きの夫婦なので教材として何冊かの本とサイトを教えてその話はいったん終了。

 

もし、勉強の結果インデックス投資に来てくれたら仲間が増えてうれしい。

 

というわけで何の落ちもありませんが(まだ家庭内議論中らしい)この記事終わりです