巨人の肩に乗るのも大変なわけでありまして

世の流れに翻弄されがちなマーケターの日常に起こるあれこれ。演劇とかアフリカとか文房具とか映画とか珈琲とか本とかインデックス投資を愛しています。

【観劇記録】やさしくとも寂しい観劇体験 やみ・あがりシアター第11回公演 『ボーダーリング』

 

f:id:Karayabu17:20180610164248j:plain

やみ・あがりシアター 第11回公演『ボーダーリング』

 

6月9日15時の回を当日券で観劇。

11時の回に行くはずだったけれど別件のため予定変更。本当に申し訳ない。

 

やみ・あがりシアターの笠浦さんはこのインタビューからもわかるように人智を超えた頭の良さを演劇に特化させたらこうなる、という存在。

「演劇以外ありえなかった」東大卒・演劇一本で生きる笠浦さんの「すべてを捨てる覚悟」 | UmeeT

 

少しだけでも関わった人は彼女のファンになること間違いなし。

そんな笠浦さんが主催する劇団「やみ・あがりシアター」の本公演に行ってきました。

やみ・あがりシアターは「ヒトのやんでるところとあがってるところを両方、病気が治ったばかりのようなハイテンションでお届けしたい」というコンセプトのもとに芝居作りを行う劇団。

 

第11回公演の今回は「忍者が婚活」というそれだけで面白さが約束された設定。

 

突飛な設定ながらも内容は地に足がついていて、「恋愛と婚活は別物」という視点から「他人同士が一緒にいるとはどういうことか」を問うてくる骨太な内容。

 

許嫁(いいなづけ)に逃げられて、東京に婚活に来た忍者の主人公がパーティやらデートを重ねていきつつパートナーを探すというストーリー。物語を通じて、恋愛と婚活を対比させることで相対化させ、それぞれの意味を探っていく。

主人公は目立ってはいけない忍者という身分でありながら、生まれつき目立ってしまうコンプレックスを持つ。その他の登場人物もそれぞれに面倒くさいコンプレックスを持ち、パートナーになるかもしれない相手にそれをどうやって打ち明けるか、そして相手はどうそれを受け止めるのか葛藤の連続。

 

勢いだけではどうにもならない現実に直面しながら、それでも踊る登場人物たちが魅力的。

願わくばどうかみんな幸せに、それが叶わないことを知っていながら思わずにいられない。明るく突飛で笑うのし優しいのに哀しい、不思議な観劇体験となりました。

 

 

やみ・あがりシアター公式HP

http://yamiagaritheater.jp/