パンとアート

演劇、マーケティング、サメ映画、映画、ダンス、本、プログラミング、カメラ、インデックス投資、コーヒーあたりが興味範囲

【投資】インデックス投資生活と節約生活

ブログで一か月の家計簿を公開している投資家の方が多い昨今、自分の家計簿と照らし合わせてそのギャップに驚くことがよくある。

 

有名なところでは29歳で2000万貯めて本も出版されたittinさんなど、そういったかたの生活費と比べると自分はその2~3倍使っていることも多い。

参考:ITTINブログ(旧:「独身一人暮らし女だからこれからどうやって生き抜いていくか考えるブログ」)

http://ittin.blog.fc2.com

めちゃ面白いです

 

もちろん東京と地方での生活費の違いもあるけど自分に節約意識は低いことは否めない。

 

ひとり暮らしだけど家賃は9万円で映画館に週2くらいで行っているし、観劇になると安くて1本あたり3000~4000円。友達との飲み会にもよく行くし、交通費も考えると相当な出費。勉強の役に立ちそうな本は即決で買うしセミナーも行く。旅行は去年は2回アフリカに行ったし動画サービスも利用するわ、ガジェッターで文房具好きでもあるので節約家の方が観たら卒倒するレベルの家計簿。

節約では基本的にNGとされている「自分へのご褒美」のコンビニスイーツ買い食いもやるし、意識の低さは否めない。

 

とはいえ、自分のスタイルは給与からあらかじめ一定額(今は10万円、賞与は9割)を引き落として、あらかじめ決めてある比率になるように分散投資して、残ったお金は自由に使う、というもの。

 

投資スタイルを考えるうえで、「できるだけかける時間を少なく」「できるだけ合理的」「我慢(ストレス)を少なく」を基準に目標額に到達できそうな方法を探っていった。その結果いまの「天引き積立投資」×「インデックス投資(国際分散&長期)」にたどり着きました。

 

短期で億りびと(資産が億単位になることを指す)になったりする可能性は0だけど、将来何かあった時に自分や家族が安心できる程度の資金がもてればいいと割り切っています。

 

お金を貯めることではなく、「自由に、面白そうなことを全力でやる」のが人生において大事だと思っているので、これからも無理せずインデックス投資を続けつつ仕事も含めた日々のもろもろを楽しんでいきたいです。