巨人の肩に乗るのも大変なわけでありまして

世の流れに翻弄されがちなマーケターの日常に起こるあれこれ。演劇とかアフリカとか文房具とか映画とか珈琲とか本とかインデックス投資を愛しています。

インデックス投資を始めたわけと現状

インデックス投資界隈では超有名人の水瀬ケンイチさんの初の単著『お金は寝かして増やしなさい』を読み、自分がインデックス投資を始めた理由をあらためて整理したくなったのでつらつら書きたいと思います。

 

インデックス投資を始める人の王道である「個別株投資やFXでの損とそれに使わなければいけない時間」に嫌気がさして、なにかほかに方法はないかと探していた時期に出会ったのが上記の水瀬ケンイチさんと山崎元さんの共著『ほったらかし投資術』でした。

 

当時は入社3年目で一応貯金はしていたもののFXに一瞬はまり、全財産を1か月でほぼ半分にするというアホなことをやらかしていました。

仕事中も値動きが気になって、仕事のパフォーマンスは落ちる落ちる。

あのまま意地で続けていたらどうなっていたことか。。。。

 

本に書いてあることの半分くらいしか理解できなかったけど、なんだか自分に合いそうだと思い、書いてあるそのままに、家計の把握・アセットアロケーション決め、ネット証券に口座を開き余剰資金を入金して計画通りに購入したのが約1年前。

 

継続的に水瀬さんやインデックス投資家の方のブログや本を読みながら少しずつインデックス投資とはなんぞやと理解していきました。

 

世界的な好景気もあってこの1年間の収益は+25%ほどで推移。それなりの含み益が出ています。基本的には毎月の積み立てを続けているだけなので、知識がそれほどなかったころと比較して、いまそれなりに全容を理解しているけれどパフォーマンス的にはあまり変わりません。ド素人もインデックス投資歴10年以上のベテランでもやることはそんなにかわらないし、でてくる結果も大差ないというのが素晴らしいところ。

 

ただし、これを取り崩すのはずいぶん先のことなのでそれまでにリーマン・ショック級の大暴落が来ても何もおかしくない。そんなときでもあわてず騒がず、許容範囲内の損失に収まるようたまーーーーーにリバランスしつつ、目の前の相場の浮き沈みに左右されずこつこつ毎月一定額+当月の黒字分を投資して、ほったらかしにすることを続けていきたいと思います。

 

現在の投資額は給与から毎月10万円、一時金は9割と率で固定(額に変動があるので)。大企業で残業もほとんどなく、そこそこの給料をもらえているから、毎月飲み会やら演劇やら好き勝手しているけどなんとかできている(家賃補助がないのがいたいけれど)。

 

この先ライフステージに変化があればまた、見直さなければいけないことは出てくるのだろうけどとりあえずはこのままでいきたいと思います。

 

現在のアセットアロケーション

 

f:id:Karayabu17:20171210102458p:plain